みんなの通信講座 資格をとりたい人 応援サイト

通信講座で取得できるお仕事・資格徹底ガイド

みんなの通信講座 » 通信教育で学べる資格の種類 » 法律・ビジネスの資格 » 司法書士

司法書士

街やテレビで見かける「司法書士」という職業。それはどんな職業なのでしょうか?司法書士の概要や資格取得についての基礎知識から、通信講座を体験した方の口コミまでを調査してまとめました。

司法書士の仕事・資格とは

司法書士の資格の仕事

通信講座・通信教育における資格取得データ
通信講座の相場 4万2千~(※通学講座の相場:30万円~)
期間 8ヵ月~
難易度 ★★★★★
人気度 ★★★★☆
就職後の収入 年収:300万~

司法書士の仕事

司法書士は、法律に関する書類作成や法律上の手続きを代行する職業です。
「司法」は法に携わること、「書士」は書類作成の専門家という意味があります。公開された帳簿に記載する「登記」を主とした業務を行っています。近年では、裁判所が関与せず、借金の返済方法や金額について代理で交渉を行う「債務整理」を専門に行う方が増えているようです。

司法書士の魅力

司法書士の魅力はなんといっても、安定した収入源があるということ。土地・建物の売買に加え、企業には「登記」がついて回るので、需要がなくなることがないという大きなメリットがあります。
さらに、司法書士試験で学ぶ内容は実務に直結しているので、試験合格後、期間をおかずに独立開業をすることも可能です。
実力と信用が物をいう世界なので自分の力が試されますが、努力次第でいくらでも成長していくことができ、収入アップにもつながっていきます。
現在は女性の司法書士も多く在籍しており、男女問わず活躍できる職業です。
独立開業してしまえば仕事量をコントロールすることもできるので、育児と仕事の両立がしやすいと目指す女性も多いようです。

司法書士になるには?

まず、国家試験の司法書士試験に合格しなければなりません。こちらは学歴や年齢制限はないので、誰でも受験が可能です。他には、裁判所事務官や検察事務官を10年以上務め、法務大臣に認められると司法書士になることができます。
さらに、研修と考査試験を経て法務大臣の認定を得られると、「認定司法書士」という資格も取得できます。この資格は、訴訟額140万円以下の簡易裁判所の事件で弁護士と同じ活動をすることができます。

司法書士の通信講座一覧

ユーキャン
講座名 ユーキャンの司法書士講座
対応資格 司法書士
費用 169,000円
取得期間の目安 15ヵ月
特徴 ユーキャンの特徴はその安さ。毎年多くの方が受講しているので、一人あたりの費用を抑えて提供しています。受講生の約70%が初めて司法書士の学習をすることになるので、「初学者の方でもわかりやすいテキスト」を意識しているようです。
クレアール
講座名 合格ルート1年スタンダードコース
対応資格 司法書士
費用 360,000円~
取得期間の目安 12ヵ月
特徴 前年の司法書士試験を使って模試することで、学習の軌道修正を行っていきます。学習時間をしっかり確保しながら、最短での合格に期待ができます。
基礎学習を早期に終了させ、演習中心の講座を行って、実践的な勉強をしていきます。
LEC東京リーガルマインド
講座名 15ヵ月合格コース
対応資格 司法書士
費用 411,160円~
取得期間の目安 15ヵ月
特徴 司法書士試験に携わってから30年以上の実績と、これまでに培った短期間で合格する勉強法のノウハウがあります。
初学者向け講座なので、司法について知識が乏しい方でも安心して効率的に学ぶことができます。

講座のカリキュラムや内容

司法書士になるには、法律に関する知識を覚えていくことが基本となります。
大きいところでは憲法・刑法・民法・商法、細かいところだと不動産登記法や商業登記法などをジャンルごとに分けて覚えていきます。
その他、登記の仕方や口述試験のコツも教えてくれます。
過去の問題を使って対策を練ったり、それぞれの通信講座ごとに、これまで培った知識で短期集中で早期合格を目指したい方やゆっくり長期的に学びたい方など、受講者に合った効率的なコースが用意されていることが多いようです。

司法書士試験の概要

  • 受験資格:特になし(ただし、20歳以上のみ司法書士の登録可。未成年でも受験は可)
  • 試験内容:筆記試験、口述試験(筆記試験合格者のみ)
  • 受験日:筆記試験は毎年7月の第1または第2日曜日、口述試験は10月中旬
  • 受験料:8,000円
  • 主催団体:法務省

受講した方からの口コミ体験談

  • 通学する時間を作ることが難しかったので独学で勉強しようと思ったんですが、どこから手を付けたらいいかわからずにいました。ネットで検索してみると通信講座もあると知り受講しました。自分のペースで勉強を進められたのでよかったです。
  • 私はくつろいだ環境じゃないと勉強に集中できません。今回受講した通信講座はDVDを見ながら受けるタイプのものだったので、家でゆったり講義を受けられて勉強がはかどりました。しかも、自分がわかっているところは飛ばして見ることができたので、効率的だと感じました。
  • 私はまとまった時間を作ることができなかったのですが、映像での講義だったので、少しの空いた時間を利用してコツコツと勉強することができました。一度見て、わからなかったところは復習することができたのも良かったです。
  • 勉強をしたい気持ちはありましたが、出張が多くなかなか進めることができませんでした。通信講座だと場所も選ばずに勉強できて、わからないことがあればメールや電話で対応してもらえるのでとてもありがたいです。
  • 通いに行くのが面倒だったので通信講座を選びました。選択肢があったのは嬉しいです。空いた好きな時間で勉強できるのがいいですね。しかも通学するよりも価格が安かったので、自分にはこっちが向いていたと思います。
  • 私はWEB講座を受けました。同じ家にいて勉強するにしても自分一人で勉強するよりはかどった気がします。スカイプや電話でも相談できるので、サポート体制もしっかりしていたと思います。

私が司法書士になるには?

司法書士の試験は、特に募集資格がないので誰でも目指すことができます。
こちらでは、3つのパターンから司法書士を目指したいという方に向けてのポイントをまとめたのでご覧ください。

現場で経験を積んでから司法書士になりたい

司法書士の仕事はどんなことをしているのか、勉強している方ならわかるかもしれませんが、実際の現場に行かないとイメージが沸きづらいはずです。
正式に1人前の司法書士として働く前に、現場を体感しておきたいと思う方もいるのではないでしょうか?そんな方には「司法書士補助者」という仕事があります。文字通り司法書士の補助をする仕事です。
司法書士補助者を経験してから司法書士になりたいという方へ、そのメリットを以下の3つのポイントにまとめました。

  • 現場にいることで仕事の流れがわかってくる
    まずはやはり、生で仕事に触れることができるのが一番のポイントです。
    現場にいることで、司法書士という仕事の流れを体得することができます。
    仕事内容は、登記申請書の作成や登記申請のための法務局・市役所・区役所回り、金融機関への書類の提出など、司法書士の実務に関わる仕事をやらせてもらえます。司法書士補助者として経験を積めば、将来司法書士として働き始める時に良いスタートを切れるはずです。
  • 勉強効率を上げられる
    ほとんどの方がこの仕事についてあまりわからない状態から実際の現場で働くので、結構大変なようです。その中で資格取得に向けての勉強をしようとすると、時間が限られるためスケジュール管理が難しくなります。
    しかし、仕事を覚えてしまえば勉強をするときにもどういったことをいっているのか実例をもとに考えることができるので、参考書の内容が頭に入ってきやすくなり、効率的に勉強を進めることができるはずです。
  • 司法書士補助者に求められる人材
    司法書士を目指している方はモチベーションが高いので、採用時の大きなポイントとなります。さらに、資格取得に向けて勉強をしているので、知識が全くない人より仕事の覚えが早いと期待されているようです。

子育てを終えた主婦が司法書士になって人の役立つ仕事をしたい

子どもが手を離れ、長年子育てに従事してきた主婦の中には、何か仕事を始めようとしている方も多いと思います。特に専業主婦で育児をされてきた方は、燃え尽き症候群になる方が多いようです。その対策として、新たな資格を取得して仕事をするという選択があります。中でも、司法書士は受験資格に制限がないので、特におすすめできる資格です。資格取得を考えた時には、以下のポイントを参考にしてください。

  • 女性も活躍している職業
    受験資格が特になく、誰でも受けることができるのが司法書士の良いところです。毎年1回の試験で合格率3%という狭き門ではありますが、そこに挑戦する権利は男女問わず誰にでもあります。
    平成26年現在のデータでは、女性の割合がまだ全体の約16%ほどですが、人数で見ると約3,400人もの方が働いています。
    産休・育児休暇が取れるのか?と思う方もいらっしゃると思います。司法書士として働いている現場では、そういった休暇制度がないのが現状です。
    ですが、出産や育児が落ち着き仕事に復帰しようとしたときに再就職が容易であるのが司法書士のメリットです。
  • 通信講座は家事と並行して勉強しやすい
    勉強方法は、独学・通学・通信講座とさまざまな種類があります。独学では行き詰まりやすく、通学だと時間に拘束されてしまいます。家事をこなしながら空いた時間で勉強をするなら、通信講座での勉強が向いているでしょう。ライフスタイルに合わせて自分のペースで取り組めるので、主婦の方には特におすすめです。
  • 独立開業すれば時間の融通が利きやすい
    司法書士には、「事務所に所属して働く」か「独立開業する」という、大きく分けて2つの働き方があります。
    実のところ、事務所に所属していると仕事量の調整や時間の融通を効かせることがとても難しい職場環境になります。しかし、そこで実務を重ねれば、将来の独立開業という選択肢が色濃く出てきます。独立開業をしてしまえば、自分で仕事量を調整して、家事との両立も楽になるはずです。
    産休や育児休暇制度がないことがほとんどですが、職場復帰しやすいのが司法書士の良いところ。出産や育児で大変になった時には一旦職場を離れて、落ち着いたら復帰して、そうしている間に実務を重ねて独立開業をするという道もあります。

大学在学中から司法書士として独立を目指す

学校に通って勉強している間は、脳が勉強モードになっているといわれています。在学中に司法書士になりたいと目標を定めることができれば、勉強モードのまま要領よく学ぶことができます。
大学から司法書士を目指す方は以下を参考にしてください。

  • 通信講座を利用して効率よく学ぶ
    大学在学中は学校の勉強と両立するのは大変ですが、自由な時間が多く作られるので、卒業するまでの間に少しでも勉強しておくことができます。
    通信講座では好きな時間に自分のペースで勉強を進めることができるので、生活スタイルに合わせた勉強をしていくこともできます。
  • 卒業と同時に司法書士として働ける
    在学中に勉強して資格を取得することができれば、卒業と同時に実務経験を積むことができます。
    司法書士の大きなメリットとして「自分次第で収入を上げることができる」「時間の融通が効く」という2点が挙げられますが、こちらは独立開業をしなければほとんど得ることができません。独立開業をして成功するには実務経験がとても重宝します。司法書士としてしっかり稼ぐための近道になります。
  • 司法書士の登録に注意
    司法書士の試験には年齢制限はありませんが、資格を取得したとしても未成年の方は日本司法書士会連合会に登録できず、20歳を越えなければ働くことはできません。
    大学卒業時だと通常で卒業すれば成人になっているので大丈夫ですが、知識として覚えておきたいポイントです。
通信教育で学べる資格の種類
医療の資格
介護・福祉の資格
心理・カウンセラーの資格
美容・癒し・ファッションの資格
料理・フードの資格
子ども・保育の資格
ペット・動物の資格
法律・ビジネスの資格
建物・不動産の資格
Web・パソコンの資格
語学の資格
人気資格おすすめランキング
人生が変わる魔法の資格
資格マニア向け? 面白い・珍しい資格を大特集
サイトマップ

ページの先頭へ

みんなの通信講座 資格をとりたい人 応援サイト

通信教育で学べる資格の種類
医療の資格
介護・福祉の資格
心理・カウンセラーの資格
美容・癒し・ファッションの資格
料理・フードの資格
子ども・保育の資格
ペット・動物の資格
法律・ビジネスの資格
建物・不動産の資格
Web・パソコンの資格
語学の資格
人気資格おすすめランキング
人生が変わる魔法の資格
資格マニア向け? 面白い・珍しい資格を大特集
サイトマップ

みんなの通信講座 資格をとりたい人 応援サイト