英検を取得する方法|資格の種類と通信講座

英検合格を目指す人のための通信講座の口コミ体験談

みんなの通信講座 資格をとりたい人 応援サイト

通信講座で取得できるお仕事・資格徹底ガイド

みんなの通信講座 » 通信教育で学べる資格の種類 » 語学の資格 » 英検

英検

英検の特徴とおすすめのスクール情報をまとめました。どのような場面で役に立つのか、通信講座で資格をゲットした人からの口コミなど、知っておきたい情報が満載です。

就活にも社内評価にもつながる英検の合格の仕方

英検の資格情報

通信講座・通信教育における資格取得データ
通信講座の相場 2万~(※通学の相場:10万~)
期間 2ヵ月~
難易度 ★★★★★(級によって異なる)
人気度 ★★☆☆☆
就職後の収入 年収600万~(英検準1級合格者の場合)

英検を活かした仕事

取得する級にもよりますが、高い英語能力を持っていることを証明することにもなりますので、英語を必要とするあらゆる仕事で有効です。外資系企業や貿易関係だけではなく、最近では特許などの知的所有権分野でも重宝されています。

英検の魅力

今や小学生から受験者の多いメジャーな試験。高校まで真面目に英語の勉強をしていれば、準2級か2級には合格するでしょう。2級に合格していれば、就職では一定の評価項目にはなります。さらに準1級、1級を所有していれば年収が違ってくる場合もあります。

英検に合格するには?

準2級までは特別な勉強をするのではなく、学校で習う勉強をしっかりと覚えましょう。難関大学に合格するレベルの人は、2級は無理なく合格しますが、一般的な英語力よりは高いので、通信講座など、なんらかの対策が必要でしょう。準1級は超難関大学合格レベル、1級は大学受験レベルを超えているので、いずれも専門的な勉強が必要となります。

英検の通信講座一覧

公益財団法人 日本英語検定協会
講座名 英検サポートシリーズ リーディング2級レベル
対応資格 英検2級レベル
費用 20,520円(税込)
取得期間の目安 2ヵ月
特徴 英検を社会で役立てるための基礎となる、英検2級レベルの「読む力」を育成するコース。2週間で1つのPassageを読み込み、語彙・表現・センテンスの書き換えなどさまざまなトレーニングで理解を深めます。インターネットで気軽に学習を振り返ることができる、映像講義がついてくるのが特徴。
ナレッジサーブ
講座名 実践英語の達人 英検1級奪取
対応資格 英検1級レベル
費用 2,057円(月払い)
取得期間の目安 なし
特徴 2000枚に及ぶ、講師手づくりの問題集から問題を厳選して出題。解答後に毎回進級テストを受け、合格しないと次の課題に進めないシステムです。受講期間の設定はなく、費用も月払い制。英検1級に合格した後の、語彙力・読解力向上にも役立ちます。
アクエアリーズ
講座名 ライブ版・英検1級通信講座
対応資格 英検1級レベル
費用 166,520円(受講料・教材費・送料)
取得期間の目安 不明
特徴 実際の授業の録音・音声データをWebからダウンロードして自宅学習するシステム。1講座全20回、ダウンロードしたデータは何度でも繰り返し学習可能です。模擬テストは3種類用意されており、語彙力や読解力、ライティング・リスニング問題攻略力を効果的にアップさせます。

講座のカリキュラムや内容

リスニングも大事ですが、その前提として筆記に合格しなければなりません。文法の網羅的な復習や長文読解、精読、慣用表現などのカリキュラムをこなしていくわけですが、単語の暗記も計画的に進めなければなりません。筆記対策による知識の蓄積が前提となり、2次対策のリスニング、会話の練習も意味のあるものになります。

英検の資格について

ダイヤモンド実用英語技能検定

  • 受験資格:特になし
  • 試験内容:筆記試験・リスニング・スピーキング
  • 受験日:年3回(年によって異なる)
  • 受験料:1,400~7,500円(級によって異なる)
  • 主催団体:公益財団法人 日本英語検定協会

受講した方からの口コミ体験談

  • 内容がとても実用的で、英検のためだけでなく一般教養も身について良かったです。講師から直接アドバイスも受けられ、自宅にいながら教室で講義を受けている気分。難問も多かったですが、とても勉強になりました。
  • 独学での勉強に限界を感じ、通信教育を利用することに。私はリスニングが苦手だったため、とくに力を入れて学習・復習を行いました。好きなときに何度でも反復できるので、苦手を克服しやすかったです。
  • カリキュラムに沿って学習を進めていくスタイルなので、余計な参考書などを買い込んで混乱することがなかったです。やるべきことがハッキリしており、ポイントも絞られているので勉強しやすかったです。
  • 楽しみながら学ぶというスタンスが良く、試験に合格するためだけでなく、実用的な英語がしっかり身に付きました。1つ1つのカリキュラムをこなしていくのは、ゲーム感覚で達成感もあり◎。次回の試験が楽しみです。
  • 苦手なライティングのみを集中的に受講できるのが良かったです。ライティング問題処理のコツだけでなく、語彙力を高める講座なども楽しく受けられました。2ヵ月で飛躍的に実力がつき、念願の1級に合格できました。
  • 何よりも、勉強していて楽しいテキスト・カリキュラムに感動。やればやるほど実力がついていくので、早く次に進もう!というヤル気が湧いてきます。人目を気にせず、分からない部分を気軽に聞けるのもいいですね。

私が英検に合格するには?

英検に合格するには具体的にどのようなことをしたら良いのかを、3パターンに分けて紹介します。

高校生が英検合格を目指すには?

高校生は、大学受験にからめて英検を受験するのが一石二鳥です。「大学受験の勉強と英検の勉強は違う」と考える人もいるようですが、そんなことはありません。目指す大学にもよりますが、筆記準1級までは大学受験の内容とほとんどかぶります。出題形式も大学受験に似ていますので、英検の勉強は受験勉強に大いに役立ちます。

  • 定期テストをおろそかにしない
    英検の勉強、学校の勉強、大学受験の勉強と、同じ英語を3つの分野に分けてしまう傾向がありますが、これらはすべて同じということを、改めて認識してください。とくに中間テストや期末テスト用の機械的な暗記作業は、英検2級レベルまでなら十分に役立ちます。
  • 大学受験対策として勉強する
    ある程度の大学を目指す場合には、2級レベルの英語力は必須。逆に言うと、2級合格に必要な知識は、すべて大学受験でも必要になるということ。両者を分けて勉強することに意味はないので、志望大学に合格するためのプロセスの一部として、最低でも英検2級は目指しましょう。
  • 大学の推薦入試合格をモチベーションとする
    近年は、大学入学者の過半数が推薦入試を経由しています。推薦合格の要件の一つに、英検を設定している大学は、非常に多くあります。普通の大学であれば準2級、難関大学であれば2級、超難関大学であれば準1級を求めてくる場合が多く見られますので、志望大学に推薦で合格するための材料として英検の学習を進めましょう。

大学生が英検合格を目指すには?

多くの大学生は、就職活動のためにTOEICを受験することになりますが、英検の権威もまだまだ就活では生きています。大学生が英検を受験する際のポイントを見てみましょう。

  • 大学受験終了直後に英検を受ける
    大学生の英語力は1年次が最も高く、そこから徐々に下落していきます。受験勉強の知識がまだ残っている間に英検を受けてしまうことが大切です。面倒臭がって「半年後でいいや」などと言っていると、半年後には英語力が半分になっている可能性が高いので、とにかく早く受けましょう。
  • 語彙量だけでも維持しておく
    文法知識や長文読解テクニックは、少し練習すれば受験時代を思い出すことができます。が、単語は忘れます。いつでも英検を受ける準備として、英単語の量だけは減らさないように、時々復習をしておきましょう。
  • 通信講座で1級を狙う
    大学受験に1級レベルの知識は必要ありませんが、大学時代は4年間もあるわけですから、十分に1級を目指すことが可能です。準1級レベルまで来たら、あとは単語量を増やすことと、2次の対策で1級はほぼ合格します。厄介なのは2次対策。専用の通信講座を利用すれば、効率よく勉強できます。

社会人が英検を目指すには?

仕事で忙しく、英語の勉強などしている暇はないと思いますが、いつ海外出張を言い渡されるか分かりませんので、日ごろからある程度の勉強をしておいたほうが良いでしょう。一つの勉強成果のメルクマールとして、英検を据えるのが良いと考えます。

  • 通信講座を利用する
    仕事のため多くの勉強時間は取れないと思われますので、通信講座を利用して効率的な勉強をすすめるのが必須です。自分で参考書を買って…、などとやっていると、いつまでも合格しない可能性があります。社会人はタイムイズマネーです。早急に通信を利用すべきです。
  • スケジュール帳を英語で記入する
    スケジュール帳や会議のメモなど、ちょっとした文言をすべて英語で書いてみましょう。英語日記をつけるのも有効ですが、そのような時間がないかも知れません。単語は、インプットしようとするよりも、アウトプットするほうが効率よく頭に定着します。
  • TOEIC講座から入っても良い
    会社員になると、TOEICの受験を推奨されることが多くあります。英検とは違ってビジネス英語になりますが、ある程度まではやる勉強は一緒です。なお、その場合にも通信講座を利用するのが現実的でしょう。
通信教育で学べる資格の種類
医療の資格
介護・福祉の資格
心理・カウンセラーの資格
美容・癒し・ファッションの資格
料理・フードの資格
子ども・保育の資格
ペット・動物の資格
法律・ビジネスの資格
建物・不動産の資格
Web・パソコンの資格
語学の資格
人気資格おすすめランキング
人生が変わる魔法の資格
資格マニア向け? 面白い・珍しい資格を大特集
サイトマップ

ページの先頭へ

みんなの通信講座 資格をとりたい人 応援サイト

通信教育で学べる資格の種類
医療の資格
介護・福祉の資格
心理・カウンセラーの資格
美容・癒し・ファッションの資格
料理・フードの資格
子ども・保育の資格
ペット・動物の資格
法律・ビジネスの資格
建物・不動産の資格
Web・パソコンの資格
語学の資格
人気資格おすすめランキング
人生が変わる魔法の資格
資格マニア向け? 面白い・珍しい資格を大特集
サイトマップ

みんなの通信講座 資格をとりたい人 応援サイト