医療事務になるには|資格の種類と通信講座

医療事務に必要な資格と通信講座の口コミ体験談

みんなの通信講座 資格をとりたい人 応援サイト

通信講座で取得できるお仕事・資格徹底ガイド

みんなの通信講座 » 通信教育で学べる資格の種類 » 安定した需要とやりがいの高さが魅力!医療の資格とは » 医療事務

医療事務

通信講座で取得できる、医療事務の資格や仕事について詳しくご紹介しています。資格を取得することのメリット・将来性、勉強できる通信教育スクール一覧など、お役立ち情報満載です。

将来も安心、未経験で医療現場で働ける医療事務の仕事・資格とは

医療事務の資格の画像

通信講座・通信教育における資格取得データ
通信講座の相場 3万~(※通学の相場:3万~)
期間 1か月~
難易度 ★☆☆☆☆
人気度 ★★★★★
就職後の収入 16~20万

医療事務の通信講座を比較>>

医療事務の仕事

医療事務の主な仕事は、病院やクリニックにおける事務全般。カルテ管理・レセプト作成(診療者の個人情報や診療報酬点数が書かれた明細書)・経理などをはじめ、クラーク業務(患者の受付・案内・入院や検査の手続き)なども担当し、医療機関には必要不可欠な存在になっています

医療事務の魅力

病院は全国どこにでもあり、好不況に関わらず多くの人が利用するため、数が安定していて就職先を探しやすいというメリットがあります。また、勤務形態(パートや契約社員など)や勤務時間も比較的選びやすく、ライフスタイルに合わせて働き方を選ぶこともできます。

医療事務になるには

超高齢社会となりつつ日本では医療機関の数も年々増加傾向にあり、医療事務スタッフのニーズもより高まっているのが現状です。そのため、医療事務の資格を持っていない方でも就職できる場合もありますが、

医療事務の通信講座一覧

たのまな
講座名 医療事務講座(合格保証付き)
対応資格 医療保険士
2級医療秘書実務能力認定試験
医科2級医療事務実務能力認定試験
費用 47,000円
取得期間の目安 6ヵ月
特徴 基礎から応用まで効率よく学べる3冊のテキストで、初めて学ぶ方でも確実に力を身に付けることが出来ます。100%合格保証制度と経験豊富な就職アドバイザーによる就職・転職サポートも受けられます。
たのまな_医療事務キャプチャ

引用元:たのまな公式HP(http://www.tanomana.com/product/medical/10851820.html)

公式サイトはこちら>>
ユーキャン
講座名 ユーキャンの医療事務講座
対応資格 医科 医療事務管理士(R)
費用 49,000円
取得期間の目安 6ヵ月
特徴 現場で使われる専門的な言葉を分かりやすく解説した、初心者にも優しいテキスト。講座を受講することで、期間内に実施される試験をすべて在宅で受けることが可能となっています。就活サポートも充実。
ユーキャン_医療事務キャプチャ

引用元:ユーキャン公式HP(http://www.u-can.co.jp/%E5%8C%BB%E7%99%82%E4%BA%8B%E5%8B%99/)

公式サイトはこちら>>
日本医療事務協会
講座名 医療事務講座(通信コース)
対応資格 医療事務検定試験
費用 56,000円
取得期間の目安 3ヵ月
特徴 通学コースと同様のカリキュラムを在宅で受けられるプログラム。担任の講師がつくため、丁寧なサポートが期待できます。通学コースの授業に5回まで無料で参加できるのも特徴です。
日本医療事務協会_医療事務キャプチャ

引用元:日本医療事務協会公式HP(http://www.ijinet.com/lp/cp-debut/)

公式サイトはこちら>>

医療事務の通信講座を比較>>

講座のカリキュラムや内容

医療事務は、CMの効果や求人の多さから需要が高まっため、資格取得を目標とした講座はかなり多いです。これらの講座では具体的にどのようなことを学ぶのか、例をいくつか紹介します。

  • 医療保険制度の仕組みや初診料、再診料、入院料、検査料などの基本的なルールを学びます。
  • カルテの取り扱いについて学びます。
  • 試験対策の問題集に繰り返し取り組みます。

医療事務に求められる資格の種類

診療報酬請求事務能力認定試験
受験資格
なし
受験日
7月・12月の日曜または祝日
受験料
7,500円
主催団体
公益財団法人 日本医療保険事務協会
試験内容
学科試験・実技試験

医療事務資格の最高峰とも称される資格。試験は「医科」と「歯科」の2種類に分かれ、平均合格率は医科が29.4%、歯科が35%となっています。他の医療事務系資格試験の中でも難易度の高い試験ですが、その分、未経験者であっても資格を所有していれば、現場で十分対応できる能力があると見なされ、医療機関への就職に非常に有利です。

医療事務技能審査試験(メディカル クラーク)
受験資格
なし
受験日
毎月1回
受験料
7,500円
主催団体
一般財団法人 日本医療教育財団
試験内容
実技Ⅰ(患者接遇等)・実技Ⅱ(診療報酬請求事務等)・学科試験

医療機関における窓口業務、および診療報酬請求事務を専門とする資格です。実技Ⅰ、実技Ⅱ、学科試験の正答率がすべて70%以上で合格となります。合格率は例年60%弱。合格者には知名度の高い「メディカルクラーク」の称号が付与されます。国内でも規模の大きな検定試験のひとつで、年間約2万人が受験しています。

医療事務管理士技能認定試験
受験資格
なし
受験日
毎月
受験料
7,500円
主催団体
財団法人 日本医療教育財団

年間で5万人以上が受験する人気資格で、医療事務全般に関する知識が試されます。知名度や信頼度も高い資格です。1級と2級の2種類があり、ともに合格率は50%前後。医療事務系資格の中では比較的難易度は低く、医療事務管理士に合格後、より高度な診療報酬事務能力認定試験合格を目指す人も多くいます。

医療保険士
受験資格
なし
受験日
毎月1回
受験料
46,000円(通信講座の受講料含む)
主催団体
医療保険学院
試験内容
筆記試験、実技試験

診療報酬明細書の作成、および患者さんと医療機関とをつなぐ大事な窓口業務も担う仕事です。医療保険学院が行なう通信講座を4カ月受講し、三段階の中間テストにすべて合格すれば修了検定試験を受けることができます。合格基準は正答率6割以上。講座を修了した人は就職後も様々なフォローが受けられます。

医療秘書実務能力認定試験
受験資格
なし
受験日
3月、6月、11月
受験料
7,500円
主催団体
NPO法人 全国医療福祉教育協会
試験内容
学科試験・実技試験(診療報酬明細書作成)

主に病院・クリニックの窓口業務を行うための専門資格で、クリニック運営の基礎を支える大事な役割を担います。医療事務系の資格の中でも人気の資格です。2級の合格率は60~80%程度。基本的なことをしっかりとマスターすれば、決して難しい試験ではありません。試験では基本的な医学知識や、医療分野の法知識なども問われます。

医師事務作業補助者実務能力認定試験
受験資格
なし
受験日
3月、10月
受験料
7,500円
主催団体
NPO法人 全国医療福祉教育協会
試験内容
学科試験・実技試験

医師の指示を受けて診断書や紹介状を記載したり、医師に代わってカルテ入力を行ったりする仕事です。医学的な知識をはじめ、医療に関連する法律、医療用語、個人情報保護法など、幅広い専門知識が必要となります。学科試験・実技試験合わせて6割程度の得点率で合格となり、合格率は例年60~80%程度です。

医療事務OA実務能力認定試験
受験資格
なし
受験日
3月、8月、11月
受験料
7,500円
主催団体
NPO法人 全国医療福祉教育協会
試験内容
学科試験・実技試験

医療業務の細分化とともに進んだ「医療IT化」に対応した人材を育成するために作られた資格です。PCを使った窓口業務や診療報酬明細書の出力業務などを、医療事務ソフト「医事NaviⅢ」を用いて行います。学科・実技を合わせた正答率が60%以上であれば、おおむね合格とされ、例年の合格率は70%前後と比較的高めです。

医科2級医療事務実務能力認定試験
受験資格
なし
受験日
3月、6月、11月
受験料
7,500円
主催団体
NPO法人 全国医療福祉教育協会
試験内容
実技試験・学科試験

診療報酬明細書の作成をはじめ、医療法規全般に関する知識を問う資格です。総合病院やクリニックなどでは必須の知識なので、資格を保有していれば就職に有利になるでしょう。難易度にもよりますが、およそ6割の正答率で合格となります。合格率は例年60~80%。基本的な知識をもれなく習得していれば合格は難しくありません。

電子カルテオペレーション実務能力認定試験
受験資格
なし
受験日
3月、8月、11月
受験料
7,500円
主催団体
NPO法人 全国医療福祉教育協会
試験内容
学科試験・実技試験

政府主導によって進められている「医療情報システムのIT化」を背景に、電子カルテ作成の専門家を育成するために生まれた資格です。文科省推奨の「C&C電子カルテシステムⅡ」によって電子カルテを作成し、あわせてOAを駆使して院内の様々なシステムと連携を取るための能力を判断します。合格率は例年60~80%です。

あわせて受けたい講座はこれ

看護助手

クリニックによっては、受付以外の業務を兼任することも、よくあります。そうした時に、この看護助手の資格があれば、医療事務以外でも活躍できます。

もちろん、看護師ではないので、医療行為は行うことができませんが、院内での患者さんの案内や、診察時の看護師のサポートを行なうことができます。入院施設があるところでは、食事の補助や身体清拭なども行います。

  • 検定内容:筆記・記述
  • 受験料:8,000円前後

他にも、健康面の知識やリラクゼーション効果を学ぶために、食育アドバイザーやアロマテラピー、また小児科勤務であればベビーシッターなども役立ちます。

医療事務に向いている人とは?

事務処理能力だけでなく、医療現場ならではの適性が必要とされます。

  • 人と接するのが好きな人
    受付に座り、患者さんの対応をすることが多いのも、医療事務の特徴。病院の窓口には体調が悪く、不安を抱えた人が多く来院します。待ち時間で、心理的に落ち着かない状態が続き、中にはイライラした気持ちをぶつけてくる人も。そうした時にも、相手側の気持ちになって、柔らかい対応ができることが大切です。
  • 処理能力が高い
    慌ただしい窓口を上手にさばき、電話対応もこなせるような処理能力が求められます。もちろん、事務処理としては、レセプト業務がメインですので、迅速で正確な仕事をすることが大切です。一度に、複数の業務をこなせる器用さが求められます。
  • 柔軟な対応ができる
    窓口での患者さん対応はもちろん、レセプト処理についても、法改正があればそれに基づき、正確に処理する必要があります。また、電子カルテ導入などにより、パソコンを扱う能力も求められます。日々の変化に、柔軟に対応できる姿勢が大切です。

将来性はあるの?

高齢化社会に伴い、医療施設は増加傾向にあります。このため、新規の医療施設開院に伴い、医療事務も募集されるので、将来性のある職業といえるでしょう。ただ、昔のような書類上の事務作業ではなく、パソコンで処理することが多いため、以前ほど人手が必要というわけではありません。その分、医療事務としての能力に加えて、パソコンを扱う能力が求められています。

勤務体制が安定していることもあり、長く続けられる仕事として人気なので、新規採用が少ないとも言われます。だからこそ、資格を取ることで、キャリアを確かなものにすることが大切です。新しい状況に対応できる能力と、ホスピタリティがあれば、自分に合った環境で、長く働き続けられる仕事といえるでしょう。

給付金制度について

厚生労働省が指定する医療事務関係の講座はありません。

受講した方からの口コミ体験談

  • 結婚後、自分の都合に合わせて働ける職業をと思い、医療事務講座を受講しました。医療分野はまったくの初心者でしたが、分かりやすいテキストで、知識ゼロの私でも無理なく知識を身につけられました。
  • 手に職をつけておきたいと思い、以前から興味のあった医療事務にチャレンジ。思ったよりもやりがいのある仕事だと分かり、資格取得後は医療事務として働くことにしました。求人も比較的多く、資格のおかげかすんなり就職できました。
  • 通信教育で勉強をすることに不安はありましたが、分からないところはメールなどで聞くことができ、なんとか試験にも合格することができました!今では、子育てと両立しながら医療事務の仕事に励んでいます。
  • 在宅での勉強なのでマイペースで進めることができ、何度も反復できるのが良かったです。添削などの課題も担当講師の方が丁寧に解説・アドバイスしてくださり、ヤル気を維持できました。
  • まったく医療の勉強をしてこなかった私ですが、学びやすい教材のおかげで最後までやり遂げることができました。資格取得後はすぐに就職先も決まり、毎日やりがいを持って仕事に取り組んでいます。
  • 好きな時間に取り組めるので、子育てしながらでも空き時間に勉強できて助かりました。主人の仕事柄、引っ越しが多いのですが、病院はどこにでもあるので働く場所に困りません。資格を取って本当に良かったと思っています。

やりがいを感じたのはこんな時

  • 勤務時間が安定しているので、自分の時間もちゃんと確保できます。趣味などに活かすことができるので、やりたいことも叶います。
  • 今の自分の仕事が、目の前の患者さんにとって、役に立っているというのが実感できるので、やりがいがあります。
  • 育休などを取りやすい環境なので、女性が働きやすい仕事です。
  • パート勤務だったのですが、正社員を目指す上で有利になるよう、資格を取りました。今までの知識に加えて、医療関係者としての意識が高まったので、ステップアップできたと思っています。
  • 事務の知識だけでなく、医療の知識もついていくので、やりがいを感じられます。患者さんに「ありがとう」って言われると、この仕事を選んで良かったと思いますね。

辛かったこと・大変だったこと

毎日、重要な個人情報を取り扱うので、結構神経使います。

  • 病院で飛びかう専門用語が難しくて、慣れるまでは大変でした。
  • やっぱり病気に苦しむ人を、毎日目の前にしているのは、仕事とはいえ、気持ち的にきついです。
  • 今では要領もつかめましたが、働き出した頃は、月末のレセプト処理に深夜までかかってしまい…医療事務って体力勝負だなって思いました。
  • シフト勤務なので、どうしても休日出勤の当番が回ってきます。これがちょっとつらいです。

医療事務は公的資格なのか?

医療事務資格は公的資格と民間資格の両方があります。しかし、そのほとんどは民間資格。
公的資格と呼べるものは、診療報酬請求能力事務認定試験の1つだけです。

診療報酬請求能力事務認定試験とは、厚生労働省が認定している団体「公益財団法人 日本医療保険事務協会」が取りまとめている資格のこと。認定を受けているのは団体ですが、資格に公的性はあるので、公的資格になります。

注意してほしいのは、医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)について。よく勘違いされますが、公的資格ではありません。この試験を取りまとめる「一般財団法人 日本医療教育財団」公式サイトで、“公的資格ではない”と断言しています。

どんな資格を狙うべきか

医療事務資格は大きく分けて、診療報酬計算事務資格や医療事務全般資格、調剤薬局事務資格、医療秘書の資格などがあります。その中で初心者におすすめしたいのは、医療事務全般の資格試験です。該当する試験だけで十以上はあり、なかでも「医療事務技能審査試験(メディカルクラークR)」や「医科2級医療事務実務能力検定試験」は、知名度が高い点でおすすめです。それ以外でも、自分の住んでいる地域や近くのスクールの講座内容、学ぶ期間や費用などから選んでも構いません。まずは、基礎知識の習得を目指すことが先決です。

また、診療報酬計算の資格を目指すなら、診療報酬請求事務能力認定試験(医科)がおすすめ。一定の認知度と評価を持つ医療事務資格は、この試験だけです。医療機関の中には、資格取得を職員に義務付けたり、資格手当が支給されたりします。
その他の資格は、基本的に仕事に就いた後、必要性を感じたら取得で十分ですよ。

スクールの選び方

各学校や講座の運営会社の資料を精査し、講座内容やフォロー体制などを自ら確認することが大切です。スクールの選び方でおさえたいポイントとして、テキスト、講師、就職サポートがあるので、一つずつ見てみましょう。

  • テキスト
    スクールで使用するテキストに関しては、どこも良くまとまり、工夫されています。重要なのは、いかに自分が使いやすいテキストが作り上げられるかです。
  • 講師
    通学する場合は講師が気になるところ。医療事務の実務経験を持つ方が講師として在籍している学校を探すといいいでしょう。実際の体験談や実務に沿った教え方ができる講師だと、内容を理解しやすいはずです。
  • 就職サポート
    就職のサポートに関して、通信講座を含めたほとんどの学校で、資格取得後のアフターフォローは行われています。また、学校やそのグループ会社に、派遣会社やアウトソーシング会社を運営しているところも。就職情報の詳細については、それぞれの学校で違ってきますので、見逃さないようにしましょう。

私が医療事務になるには

医療事務として働くには具体的にどのようなことをしたら良いのかを、3パターンに分けて紹介します。

未経験の男性が転職して医療事務の社員になるには?

医療事務の募集要項を見ると、「未経験でもOK」という病院は多いです。ただし、何の準備もないまま就職してしまうと、大変な思いをすることになるでしょう。以下には、就活前に準備しておきたいことを紹介します。

  • 必要な知識を付ける
    応募要項に、いくら資格不要と書いてあっても、医療事務に関する勉強は必ずしましょう。ほとんどが、十分な教育期間のないまま実践の仕事を任されるようになります。就職したての頃は、様々な気を遣うもの。そこへ更に、1から仕事の勉強もするとなると心も体も疲弊してしまいます。
  • パソコンのスキル
    医療事務でパソコンは必須です。IT企業のような高いスキルを求められることはほとんどありませんが、基本操作はできるようにしておきましょう。
  • コミュニケーション能力
    医療事務は接客業でもあります。また他のスタッフや上司とやりとりすることも多いので、十分なマナーとコミュニケーション能力も必要になります。

大学や専門学校に進学した後、医療事務として出世するには?

医療事務に関する資格は、専門や大学に行かなくても取得可能ですが、関係する学科に進学するという選択肢もあります。より医療事務として活躍するためにはどうしたら良いか以下に見ていきましょう。

  • 医療事務の資格が取れる専門学校へ行く
    青森中央経理専門学校や東京医薬専門学校、大阪医療福祉専門学校など、医療事務の資格が取れる専門学校に進学しましょう。専科のある学校に行けば、医療事務として活躍するために必要な知識を、就職前から万全につけておくことができます。
  • 大学に行きながら資格を取る
    医療事務に関係のない大学に通っている場合は、在学中に通信講座やスクールで資格取得を目指します。医療や事務関係の学部であればより有利ですが、どの学部であっても、卒業すれば「大卒」というハクがつくので、高卒に比べて就職で有利になることは間違いないでしょう。
  • 「医療事務」だけにとらわれない
    どの仕事でも同じですが、出世する人の多くは、その分野を周りよりも極めているタイプか、専門分野だけでなく様々なことに長けているタイプです。例えば、知識や技術が同じレベルの医者がいたとして、前者は不愛想、後者はコミュニケーション能力が高い人だった場合、多くの患者は後者の方へ行くでしょう。このように、直接関係のあることだけでなく、自分自身の魅力や長所、スキルを高めることこそが出世することへの近道と言えます。

子育て中の主婦が医療事務のパートで働くには?

医療事務はパート勤務もできます。実際、空いた時間にパートで働いている主婦の方は多いです。それでは医療事務として勤務するまでの方法を見ていきましょう。

  • 資格を取得する
    通信講座やスクールで資格を取得します。ひとりで勉強するのが不安な方はスクールに通うのがおすすめです。逆に、自分の好きな時間に勉強したい方は通信講座の方が続くでしょう。
  • 病院に勤める
    資格取得後、勤務する病院を探します。外側から中の様子をうかがうのは難しいですが、雰囲気やアクセス、シフトの融通など様々な面から、自分に合っている勤務先を探しましょう。
  • 派遣登録する
    病院に勤務する以外にも、派遣登録という選択肢があります。最近では、派遣で働いた後、そこの病院が自分に合い、また病院側からも求められれば、正規職員になれる「紹介予定派遣」という制度もあります。病院勤務が初めてで、とりあえず様子見したい場合は、派遣登録の方が良いでしょう。
通信教育で学べる資格の種類
医療の資格
介護・福祉の資格
心理・カウンセラーの資格
美容・癒し・ファッションの資格
料理・フードの資格
子ども・保育の資格
ペット・動物の資格
法律・ビジネスの資格
建物・不動産の資格
Web・パソコンの資格
語学の資格
人気資格おすすめランキング
人生が変わる魔法の資格
資格マニア向け? 面白い・珍しい資格を大特集
サイトマップ

ページの先頭へ

みんなの通信講座 資格をとりたい人 応援サイト

通信教育で学べる資格の種類
医療の資格
介護・福祉の資格
心理・カウンセラーの資格
美容・癒し・ファッションの資格
料理・フードの資格
子ども・保育の資格
ペット・動物の資格
法律・ビジネスの資格
建物・不動産の資格
Web・パソコンの資格
語学の資格
人気資格おすすめランキング
人生が変わる魔法の資格
資格マニア向け? 面白い・珍しい資格を大特集
サイトマップ

みんなの通信講座 資格をとりたい人 応援サイト