みんなの通信講座 資格をとりたい人 応援サイト

通信講座で取得できるお仕事・資格徹底ガイド

みんなの通信講座 » 通信教育で学べる資格の種類 » Web・パソコンの資格 » ITパスポート

ITパスポート

IT業界の基礎知識を持ち、業務に効果的に活用できると認められた方が取得できるITパスポート。どのような資格でどう役立つのかを解説していきます。

ITパスポートの仕事・資格とは

歯科助手の資格の仕事

通信講座・通信教育における資格取得データ
通信講座の相場 9千8百~(※通学講座の相場:2万1千4百~)
期間 2ヶ月~
難易度 ★★☆☆☆
人気度 ★★★★☆
就職後の収入 ほぼ影響なし

ITパスポートという資格

ITパスポートとは、経済産業省が主催する、現代の社会では欠かせないITの情報処理入門編の国家資格です。
ITを正しく理解し、積極的に活用する知識を身につけている証となる資格として人気があり、受験者数が年々増加傾向にあります。
近年、社員教育や社内研修に取り入れている企業や機関も多数。
新卒採用のひとつのステータスとして評価する企業も出てきています。

ITパスポートの魅力

一般企業でこの資格を持っていると、ITの基本知識が備わっていると評価され重宝されます。
しかし、パソコン系資格の入門編なので、IT企業ではあまり評価にはつながらないようなので注意が必要です。
ITパスポート試験では試験結果の点数をもらうことができ、この試験結果の点数を採用試験や任される仕事内容に反映する企業が増えてきているようです。
高い結果を残すことによって、自分がITに対してどの程度の基礎知識と活用力を兼ね備えているかアピールすることができます。
ITパスポートを取得してITの活用が積極的になる方も多く、基礎知識をしっかりと身につけているので、応用の知識を得て大幅なスキルアップを叶えることも期待できます。

ITパスポートでハイスコアをとるには

ITパスポート試験は、ハイスコアで合格することで、さらに効力を発揮します。なので、勉強法も少し工夫して高得点を狙いたいところです。
そこで勉強法の一例をご紹介します。
まずは、自分の得意分野と苦手分野を理解したうえで、苦手分野を中心に勉強を進めます。
それを基準として、
基礎知識を覚える

問題を解く

解けなかった問題を抽出して覚え直す

解けなかった問題を解いていく
というようなサイクルで勉強していけば、効率よく高得点を狙うことができます。

ITパスポートの通信講座一覧

フォーサイト
講座名 ITパスポート通信講座
対応資格 ITパスポート
費用 14,800円
取得期間の目安 2ヶ月
特徴 簡単でわかりやすい講義を意識したDVDの映像講義と、テキストでの勉強になります。テキストもフルカラーで、重要事項は図や表を使ってわかりやすくしっかりと詰め込んだ内容のものを提供しています。
産業能率大学
講座名 ITパスポート試験対策
対応資格 ITパスポート
費用 19,440円
取得期間の目安 5ヶ月
特徴 テキストを期限目標までに自ら進めていく勉強スタイルです。教材にはテキストの他に問題集が3冊付いてくるうえに、実力テストが3回、任意提出の公開模試1回を受けることができます。実践的に実力を試したい方にはおすすめです。
ユーキャン
講座名 ITパスポート合格指導講座
対応資格 ITパスポート
費用 44,000円
取得期間の目安 5ヶ月
特徴 テキストは初心者目線にこだわり、専門用語にはイラストを使用してわかりやすく解説しています。
さらに、ユーキャンの受講生限定の学習支援Webサービス「学びオンラインプラス」を使えば、理解度チェックテストや練習問題、過去問題も用意されているので、しっかりと学ぶことができます。
受講開始から最大10ヵ月まで添削・質問指導を受けることが可能。

講座のカリキュラムや内容

ITパスポートは高得点を取ると評価につながります。それなので、合格を前提とした高得点をとる講座という特徴があります。
タイプは、「映像で講義をするもの」と「テキストのみで目標期日までに自分のペースで進められるもの」があります。
内容はどちらも、試験に出題されるストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系の3分野を、カテゴリごとで丁寧に解説してくれます。ほとんどがイラストや図を使ってわかりやすいように工夫されていて、初心者の方も安心して受講することができます。
過去問題や練習問題が用意されているので、実践的に覚えていくことができ、効率的に学んでいくことができます。
また、理解しきれていないところは問い合わせて聞くことも可能です。

ITパスポートの資格について

ITパスポート

  • 受験資格:特になし
  • 試験内容:CBT方式(パソコン入力型)学科試験
  • 受験日:地区・会場別要確認
  • 受験料:5,700円
  • 主催団体:経済産業省、独立行政法人情報処理推進機構(試験事務)省

受講した方からの口コミ体験談

  • 通信講座は家でひたすら映像を見ながら勉強するので、飽きずに続けられるか心配でした。でも実際にやってみると、わかりやすい講義で覚えていくのが楽しくなってきました。出題範囲を短期間で覚えていけそうです。
  • 仕事帰りに通学するのは大変だと思っていたので、通信講座があってよかったです。解説もわかりやすく、自分のペースで進めることができています。これなら働きながらでも、挫折することなく続けていけそうです。
  • 一人でテキストを使って勉強をしていくのは、ちゃんと理解できるか不安でした。届いたテキストを見てみると、イラストや図を使ってわかりやすく説明してくれていたので、苦手意識を持たずに勉強することができました。
  • カテゴリごとに分けて講義を進めてくれたので、頭に入ってきやすかったです。ひとつのカテゴリが終わるごとに理解度をチェックできるテストもありました。自分の理解度を知りながら進めることができたので、効率的に勉強ができました。
  • 通信講座でしたが、過去問題や練習問題がたくさん用意されていて驚きました。ネットで公開している練習問題もあったので、電車で移動している時や待ち合わせをしている時間にサクッと勉強できるのがありがたかったです。より実践的な模擬試験があったのも助かりました。
  • 私は講師と面と向かっての講義は緊張してしまうので、通信講座を選び、人に対面することがなく勉強がはかどりました。映像での講義だったので、わかるところは飛ばしてわからないところを重点的に勉強できたのもとても良かったです。

私がITパスポートを活かすには?

就職・進学を有利にする

ITパスポート試験は中高生も多く受験しています。ITパスポートを持っていると、自分がITに関してこれくらいの知識を持っているという証明になり、就職や進学する際にアピールできるからのようです。
就職・進学で活かすポイントを以下にまとめました。

  • 一般企業の面接試験でアピール
    ITパスポートを取得する際に、「ITの法律について」や「ネットワーク障害について」も学びます。これを自分のアピールするポイントとして取り込みます。
    一例を挙げると、会社のネットワークに障害が出た場合に、初期診断をして簡単なものならば本人が解決、難しい問題であってもどう対応したらいいか提案ができ、復旧への時間を短縮することができるということ伝えれば、一般企業では大きな評価につながるはずです。
    また企業教育で採り入れている会社もあるので、自己PRの中に積極的に参加する姿勢などを盛り込めば、さらなる評価も期待できます。
  • 文系からIT業界へのアピール
    文系の学科に通っていてもIT関連の仕事に就きたいと思っている方も多くいると思います。そんな時にITパスポートを取得していると重宝します。
    文系の学科に通っていることで、IT業界に縁遠いと思われることもあるかもしれません。ITパスポートを取得していることで、IT業界に関心があり抵抗感がないことをアピールすることができます。
  • 入試の面接試験でアピール
    近年、入試の際に、ITパスポートの保持や点数を評価する学校も出てきています。ITパスポートを持っていることで、入試での優遇措置を行っている大学もあるようです。学校生活の空いた時間にコツコツ勉強していくことで、希望の道へ進む一歩として活かすことができます。

社会人としての基礎スキルをアップする

現代社会ではどの会社でもパソコンを採り入れており、触れる機会がとても多いと思います。しかし、どの程度の知識を持って取り組んでいるかによって業務効率が大きく変わってきます。
ここでは基礎スキルをアップすることでどのように業務に活きていくかを3つにまとめました。

  • 1.職場の課題の分析に役立つー
    ITの基礎知識を理解していることで、業務にITを活用できるようになります。そうすることで業務が円滑にまわり出し、より高いレベルのパフォーマンスをすることができます。
    そして、自分から発信して職場を巻き込んだ好循環で仕事の幅が広がり、キャリアアップすることで自分の評価を上げることも可能です。
  • 2.ITの安全利用に貢献することができる
    ITでセキュリティーを気にする方は多いと思います。基礎知識を心得ていることで、重要なコンプライアンスをしっかり遵守することもできるようになり、社内での信頼度が上がり、頼りになる存在になっていけます。
  • 3.障害が起きた際に対応
    ITパスポートを取得する際には、ネットワーク障害についても学びます。この資格を持っていると、ちょっとした障害ならばすぐに直すことができます。企業内でのコンピュータ関係のトラブルに対して自身で障害から復旧させることができれば、重宝される存在になっていくはずです。

自分のスキルを高めて私生活で活用

現代社会においてITは、仕事場ではもちろんプライベートでも手放せない存在になっています。会社では、その中にITに関する知識が豊富な人が1人はいたりするので、何かあった際に聞いたり対処してもらえたりします。しかし、私生活ではそうもいきません。ITパスポートを取得していれば、スキルが上がるほかにも自らを守っていくことができます。
以下に、私生活ではどんな場面で活用できるかをまとめました。

  • セキュリティー面を自分で管理できる
    自宅のパソコンにウイルス対策ソフトは取り込んではいるが、形式だけで詳細がわからず保有しているという方は多いのではないでしょうか?
    ITの技術が進むと同時に、ウイルスも多様化してきています。いつ自分が狙われるかもわかりません。そんな時に備えて少しでも闘う力を持っておくと、ダメージを最小限に抑えることができます。
    ITパスポートを持っているということは、ITセキュリティーの基礎知識もあるということです。
    知識を持っていることは自分を守ることにつながります。
  • 安心してネットでのサービスを受けられる
    ネット上でできることが増えていく分、サービスを受けるためにはユーザーにもそれなりの知識が求められてきています。
    例えば、動画を見る際にこのソフトをインストールしなければ見られない…ということがあります。どんなものかわかっていないのにパソコンに取り込むというのは怖いですし、とても危険です。 ITパスポート所持にともなった基礎知識があれば、このようなリスクを減らして、理解したうえでサービスを受けることができるようになります。
  • 趣味を最大限に楽しめる
    ネット上でできることが増えているのと同様、パソコン周辺機器やソフトも増え、自宅のパソコンでできることの幅も広がっています。
    パソコンの活用方法は無限にありますが、それを活かすには使う側に知識が必要です。
    パソコンを使った趣味は、音楽・動画・イラスト・ゲームなど挙げていけばキリがありませんが、ITについてよく知っておかなければ、どれも最大限に楽しむことはできません。
    ITの基礎知識があることは、ITを活用した楽しい生活の一要素にもつながるのです。
通信教育で学べる資格の種類
医療の資格
介護・福祉の資格
心理・カウンセラーの資格
美容・癒し・ファッションの資格
料理・フードの資格
子ども・保育の資格
ペット・動物の資格
法律・ビジネスの資格
建物・不動産の資格
Web・パソコンの資格
語学の資格
人気資格おすすめランキング
人生が変わる魔法の資格
資格マニア向け? 面白い・珍しい資格を大特集
サイトマップ

ページの先頭へ

みんなの通信講座 資格をとりたい人 応援サイト

通信教育で学べる資格の種類
医療の資格
介護・福祉の資格
心理・カウンセラーの資格
美容・癒し・ファッションの資格
料理・フードの資格
子ども・保育の資格
ペット・動物の資格
法律・ビジネスの資格
建物・不動産の資格
Web・パソコンの資格
語学の資格
人気資格おすすめランキング
人生が変わる魔法の資格
資格マニア向け? 面白い・珍しい資格を大特集
サイトマップ

みんなの通信講座 資格をとりたい人 応援サイト