介護・福祉の資格一覧

介護や福祉に関する仕事と必要な資格を調査

みんなの通信講座 資格をとりたい人 応援サイト

通信講座で取得できるお仕事・資格徹底ガイド

みんなの通信講座 » 通信教育で学べる資格の種類 » 介護・福祉の資格

介護・福祉の資格

社会的ニーズが高まり続ける介護、福祉系の資格。いくつかの職種を紹介します。

介護・福祉の資格について知りたい

超高齢化社会を迎える日本において、介護・福祉関連の仕事はさらに注目を集めています。専門施設でのサービス提供はもちろん、自宅での介護を希望する人も増えているため、幅広いフィールドで活躍する介護・福祉関連の資格者が求められているのです。

体力・精神的にハードな仕事でありながら低給与であることが問題視されてきましたが、国の政策や民間企業の参入が増え、そういった問題も解消されつつあります。今後さらに労働環境・条件は良い方向へ変化していくと予想されているため、確かな資格を持つことは就職・転職共にとても有利となるでしょう

社会福祉士

社会福祉士イメージ社会福祉士とは、医療・福祉施設を利用する方の援助業務を担うスペシャリスト。日常生活を営むのに支障のある方に対し、ケアプランの作成・指導やアドバイス・社会復帰等の相談援助業務を行うのが主な仕事です。

社会福祉士は「社会福祉士および介護福祉士法」に基づく国家資格。社会的ニーズの高まっている職業ですが、有資格者の数は不足気味となっています。

介護福祉士

介護福祉士イメージ介護福祉士とは、介護を必要とする方の生活補助(食事・入浴・排泄など)を行う専門家。実際の援助業務だけでなく、要介護者や家族などに対してアドバイスを行ったり、介護に関するさまざまな相談にも対応します。

国家資格であり、介護職としてキャリアアップしていきたいと考えている人にとっては必須の資格と言えます。2016年度より「450時間の研修を受講していること」が受験資格に加わります。

ケアマネージャー

ケアマネージャーイメージケアマネージャーの正式名称は、介護支援専門員。要介護者が自立した日常生活を送れるよう、専門的知識・技術を持ってサポートしていきます。

要介護者や家族がどのようなサービスを求めているのかをヒアリングし、必要な施設・居宅サービスなどを受けられるよう、自治体や業者に依頼するのが主な仕事です。その他、介護に関するアドバイスやケアプランの作成なども大事な業務の1つとなります。

通信教育で学べる資格の種類
医療の資格
介護・福祉の資格
心理・カウンセラーの資格
美容・癒し・ファッションの資格
料理・フードの資格
子ども・保育の資格
ペット・動物の資格
法律・ビジネスの資格
建物・不動産の資格
Web・パソコンの資格
語学の資格
人気資格おすすめランキング
人生が変わる魔法の資格
資格マニア向け? 面白い・珍しい資格を大特集
サイトマップ

ページの先頭へ

みんなの通信講座 資格をとりたい人 応援サイト

通信教育で学べる資格の種類
医療の資格
介護・福祉の資格
心理・カウンセラーの資格
美容・癒し・ファッションの資格
料理・フードの資格
子ども・保育の資格
ペット・動物の資格
法律・ビジネスの資格
建物・不動産の資格
Web・パソコンの資格
語学の資格
人気資格おすすめランキング
人生が変わる魔法の資格
資格マニア向け? 面白い・珍しい資格を大特集
サイトマップ

みんなの通信講座 資格をとりたい人 応援サイト